俺のコンビニスイーツ日記

東京で一人暮らし中のサラリーマン&ブロガーです。コンビニスイーツマニアの私が”今日の一品”として、おすすめのコンビニスイーツを紹介します。男性も甘いスイーツが好きなんです。Twitter:https://twitter.com/tommy656512

【ファミリーマート】煉羊羹!!なぜ、和菓子の羊羹(ようかん)には「羊(ひつじ)」という漢字が入ってるの!?😲😲

みなさん、こんばんは。自分にご褒美あげてますか?

 

今日は、和菓子の定番である「羊羹(ようかん)」の由来を紹介しつつ、コンビニで人気の羊羹を実食していきたいと思ってます。

 

羊羹(ようかん)の由来を調べてみると、意外なことがわかりました。

zatsugaku-company.com

ようかんを漢字で書くと「羊羹」。由来は中国の食べ物

このようかんのもとになったのは「羊のあつもの」という羊肉を使って作ったとろみのあるスープなのだ。

この「あつもの」、漢字で書くと「羹」。そう、ようかんの「かん」の文字である。

和菓子「羊羹」のルーツは、5~6世紀頃の中国で生まれた羊のスープだが、実はこれ、普通に熱々を飲む料理ではなく、冷めてぷるぷるのゼリー状になった肉汁をいただくという、ちょっと変わったスープなのだ。

    [中略]

これが室町時代日本の禅寺に伝わり、僧侶たちの間に広まった! しかし、殺生を禁じる戒律のもとでは精進料理しか食べられないため、羊のかわりに小豆で作ったのが、和菓子「羊羹」の始まりなのである。

 

(出典)2020年6月29日 雑学カンパニー「ようかん=”羊羹"の由来とは?なぜ、羊の漢字が使われている?」https://zatsugaku-company.com/yokan-kanji/から引用

羊羹は中国が由来の食べ物だったんです。そして、和菓子「羊羹」のルーツは、5~6世紀頃の中国で生まれた羊のスープだったんですね。だから、羊羹には”羊”の漢字が使われているんですね。勉強になりました。

 

さて、羊羹の由来を理解したところで、現代のコンビニで人気の羊羹を実食してみましょう。今日の一品は・・・煉羊羹!!!😊😊😊

f:id:tommy656512:20200825223413j:plain

開封

自宅近くのファミリーマートで購入しました。

 

品 名 :煉羊羹

価 格 :税込78円

カロリー:165kcal

 

【商品説明】

餡の甘みが程よい甘さで食べやすいミニ羊羹です。(ファミリーマートWebサイトより引用)

 

それでは早速・・・いっただっきまーす!!!🧈🧈🧈

f:id:tommy656512:20200825223725j:plain

開封

f:id:tommy656512:20200825223740j:plain

半分

おいしさ :★★★★☆(4.0)

 満足度 :★★★☆☆(3.0)

 コスパ :★★★★☆(4.0)

おすすめ度:★★★★☆(4.0)

 

一口サイズで食べやすいサイズのスイーツです。餡(あん)の味もしっかりしており、ちょうどよい甘さで美味しいです。

 

価格は税込78円とお手頃であり、カロリーも165kcalと低めなので、ちょっとお腹が空いたときに、ぴったりなスイーツだと思います。

 

もぐナビのクチコミは4件あり、平均★5.8(満点は★7)と高得点です。食べやすいサイズと、程よい甘さが好評です。

 

そして、あっという間に・・・ごちそう様でした~♪♪

f:id:tommy656512:20200825224520j:plain

完食後

今日も小さな幸せをいただきました。明日もお仕事がんばりましょう。

 

宜しければ、ブックマーク・読者登録・シェアをお願いします。

それでは・・・See You Again!!

 


コンビニスイーツランキング


コンビニグルメランキング

にほんブログ村 スイーツブログへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村